出雲の白鏡

徒然なるままに書き綴った日記とか、描いた絵の公開とかマジアカとか

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
満を持して登場したNDの蟹座デストール様

顔はイケメン顔でもなくブサ顔でもなく巨漢でもなく悪党顔でもなくですが
こういう独特顔のキャラは割と扱い悪くないもんですよ車田漫画
敵ならまだしも黄金だし、性格も良い人っぽいしね

巨蟹宮にさ迷い出てくる死に切れなかった死者をもう一度ちゃんと死界へ送り返すために棺桶を作る
いつまでも死というものを受け入れられない死者達をきちんと死界へ送り届けるという役目を背負っているんですよ
これがいい人でなく何だと言うのですか

それに巨蟹宮を通り抜けようとするものとはしっかり対峙し断固として通さないあたり
黄金聖闘士としての役目はしっかりと果たしてますしね

黄金はね、相手が誰であろうと、どんな事を言われようと、それを一切聞かずに
「ここから先へ行かすわけにはいかん!」
がデフォなんですよ

それが黄金聖闘士なんですよ
以前から黄金はアホの集まりなんじゃないかなと思ってたけど
あらためて考えるとやはり黄金はアホの集まりだった

アテナに他の黄金が謀反を起こしてるやつがいるの知ってるけどどーでもいいよーの部分はあるけどさ
それもあれだよ、ムウや童虎みたいなもんだよ、最初から全部分かってたくせに
「この程度(身内の謀反程度)の試練も超えられないようでは真の女神とは言えん」的な

そして今回の目玉はなんといっても巨蟹宮に出来た新たな設定ですよ設定
巨蟹宮は死に切れない死者が迷い込んでくる場所らしいじゃないですか

なんでそんな位置に建てたのかはさっぱり分かりませんが
実はアテナが蟹座嫌いで、ただの嫌がらせなのかもしれませんが
その辺りはまあ蟹座の聖闘士は基本的に死の力を操る素質持ちがなるとかそんな伝統があって
その能力を最大限発揮するために常に死に近い場所で小宇宙高めろとかそんな感じのアレがあるんだよきっと

それに聖域に亡者がさ迷い出てくるような場所があるのに、それを放置するわけには行かなかったんでしょう
死界に近い場所って事はほとんどアテナ最大のライバルであるハーデスの領域なわけじゃないですか
聖域はアテナの加護で守られているため冥闘士が迷い込んでくる事はないとは思いますが
逆を言えばアテナの加護があるにも関わらず死の国とつながっているかもしれない場所って事なんですよ
そりゃ放置もできないでしょう

んでまあその話は置いておいて、話をデスマスクに変えます
デスマスクは10歳という幼い年齢で(実際はもっと前の可能性もありますが)蟹座の黄金聖闘士だったわけですよね
黄金である以上任務で沢山の敵を倒す(死なせる)わけじゃないですか
当然戦いを終えると自分の宮に帰るわけですよ、死に切れない死者が迷い出てくる宮に

任務を終えて、自分の家に帰ると敵の、また巻き込んでしまった人の死面が浮かんでるんですよ?
自分の帰る事の出来る場所という安らげる場所が子供の頃からなかったんですよ、ずっとそんな中にいたんだよ

そりゃああもなりますよ
他人の死というものを自分の快楽にしないとやっていられなくなっちゃったんですよきっと
そうでないとそれに押し潰されて生きていられなかった
それを分かっていたからこそ蟹座の聖衣もあの一時までデスマスクから離れなかったのかもしれません

とまぁそんなよくある蟹の悲劇妄想が更に加速する設定なわけじゃないですか今回の巨蟹宮設定
そりゃ黙ってもいられませんって、妄想も垂れ流しますって
スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

Information

東雲

Search

Calendar

11月 « 2011年12月 » 01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

 

夢幻の冠帯

プロフィール

東雲

Author:東雲
前略プロフィール

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。